不動産屋は使い分けると良い!?物件探しは3系統から行いたい

駅前の不動産屋は情報収集に使う

駅前に多く集まる不動産屋は、チェーン店が多いので流通物件と言われる専用システムに登録されたどこの不動産屋でも案内してもらえる物件を確認する時に使います。なぜなら、駅前の不動産屋をふらっと訪れて紹介される部屋には優良物件が含まれていないことは、既に良く知られたことだからです。広告料が大家から多く出る不人気物件を中心に最初は案内されるので、誰もが住みたい物件が最初から案内されることは少ないと思ったほうが間違いありません。

地元の小さな不動産屋は独自物件を持っている

駅前に無いにも関わらず、地元で長く営業している不動産屋を見つけたら、地元の物件を紹介してもらうと良いでしょう。中でも専任媒介物件や代理物件を見つけたら、迷わず内見を申し込むと良いです。他の不動産屋では案内されない、専任媒介物件には優良物件が多く不動産屋の眼鏡に適った人しか案内されないことが多いことはあまり知られていません。優良物件探しなら、地元の小さな不動産屋を外せないでしょう。常に利益を出しているからこそ長く営業出来ています。

オーナー直接契約が最もお得です

不動産屋に騙された経験がある人は、賃貸物件に住んで何度か転居している人なら必ずと言っていいほどいるでしょう。信頼できる不動産屋を探すことを諦めているのは、入居希望者だけではありません。何とオーナーも既に不動産屋に辟易している人が増えているのです。関東を中心としてオーナーが直接入居希望者を募集出来るサイトが増えています。仲介者がいないので仲介手数料不要となるので、初期費用が軽減出来て助かるでしょう。賃貸物件探しなら、大家直接契約はもはや外せない存在です。

帯広市の賃貸の特徴として、周りに高い建物が少なく、遠くまで景色が見渡せる物件が多いという点が挙げられます。