土地を手に入れた!マンション経営で活用する3つのメリット

収入を大きくできる土地活用

土地を手に入れることができたら様々な形で資産形成のために役立てることができます。その中でもマンション経営が優れているのは、収入を大きくできる土地活用の方法だという点です。土地そのものを貸したり、一戸建てなどを立てたりするよりも面積あたりの賃料を高くできるでしょう。特に高層マンションを建てれば戸数を増やせるため、十分なニーズがある場所であれば大きな収入を期待できます。収入を重視する土地活用ならマンション経営が優れているのです。

空室リスクの低いマンションを獲得可能

マンション経営をするときに一般的に懸念されるのは空室リスクであり、その地域で確かな需要があるマンションを手に入れるのが大きな課題となります。しかし、土地を既に持っている場合には自分でデザインしたマンションを建てられるのがメリットです。地域でのニーズを調べて適切な間取りの部屋を必要な数だけ準備して建てることができます。戸数を調節すれば空室リスクも低減させられるでしょう。その地域での経営に適したマンションを獲得可能なのです。

土地があるから費用が少なくて済む

土地があるとマンション経営を始める上で悩みになりがちな点をもう一つ払拭できます。マンション経営を始めるためには大きな投資が必要になりますが、その投資額をおよそ半分程度にできるのです。多くの場合には土地と建物の投資額は同じ程度になることから、マンションを購入するのに比べると半額程度でマンション経営を始められることになります。予算があるなら購入に比べて二倍の金額を建物に投資してより利益を上げやすいマンションにすることもできるでしょう。

マンション経営で生じるトラブルの多くは物件の状態をこまめに確認することで未然に防ぐことが出来ます。設備の交換や管理業務を専門業者に委託するなど、経営を適切に行うことが家主に必要な姿勢です。