賃貸にかかる仲介手数料!仕組みを知って節約へ

不動産賃貸にかかる仲介手数料

不動産を賃貸するときによく発生する費用として仲介手数料があります。不動産会社に仲介を受けたときに報酬として支払うものであり、不動産会社にとっては賃貸契約を結ぶ斡旋をした際に手に入れられる唯一の収入です。家賃半月分から一ヶ月分を請求するのが一般的になっていて、その金額がどのように設定されているかが店舗には必ず明記されているでしょう。仲介手数料はどのようにして定められているのでしょうか。仕組みを知っておくと便利です。

仲介手数料についての法的定め

不動産賃貸における仲介手数料は法律によって定められています。宅建業法によると仲介手数料は借主と貸主の両方に対して合わせて家賃の一ヶ月分を上限として請求できるとされていて、半々で請求するのが原則です。ただし、合意があれば貸主や借主の一方だけに家賃の一ヶ月分を請求することも可能とされています。あくまで上限が定められているだけですが、不動産会社の唯一の収入なので最大の請求額を求めるのは当然と言えるでしょう。

交渉すれば下がることもある仲介手数料

仲介手数料は上限が定められていて、借主と貸主の両方に請求できます。以前は二重請求を行って実際には二ヶ月分を手に入れている不動産会社も多かったのが事実です。仲介手数料は基本的には半月分で良いものなので、それ以上の場合には交渉すれば下げてくれる可能性が高いでしょう。また、半月分になっている場合でも貸主に請求してもらうという考え方で交渉するのも良い方法です。仲介手数料をゼロとする不動産会社もあるので、比較をしながら指摘して交渉してみると良いでしょう。

賃貸マンションの管理は家賃、入居者、建物と3つの管理があります。それを自分で行おうとすると大変です。そのような場合はマンション管理会社へ管理を委託することがよいです。